ページの先頭です。コンテンツへ進む

七ヶ浜町民便利帳

毎日の暮らしに役立つ情報集

ホーム > 七ヶ浜町民便利帳 > お知らせ[防災] > 町内の土砂災害危険箇所等について

町内の土砂災害危険箇所等について [更新日:2022年8月31日]

 本町は土砂災害防止法に基づく土砂災害特別警戒区域、土砂災害警戒区域の指定箇所はありませんが、下記に該当する箇所がありますので、この情報を参考に、防災意識、危機意識の向上に努めるようにしてください。

土砂災害危険箇所等

土石流危険渓流

・土石流発生のおそれのある渓流で、人家(人家が無い場合でも官公署、学校、病院等の公共的な施設等の ある場所を含む。)や公共施設に被害の生じる恐れのある渓流。

土石流危険区域

・地域条件によって土石流の堆積や反乱が予想される区域。

急傾斜地崩壊危険箇所

・斜面の傾斜が30度以上、高さ5m以上の急傾斜地で、人家や公共施設に被害を生じるおそれのある箇所。

なお、町内の土砂災害危険箇所等の場所は、下記のファイルで確認できるほか、町の津波学習マップや地域防災計画にも掲載しています。

危険箇所マップ.pdf

急傾斜地崩壊危険箇所一覧.pdf

土砂災害から身を守るために

 土砂災害は突発的に大きな破壊力を持って発生するため、人命に関わる災害であり、発生場所や発生時刻を正確に予測することが難しい現象です。
 土砂災害は主に降雨による多量の水の供給を原因として発生し、斜面や渓流が不安定になる条件(地質、崩壊のしやすさ、地下水位等)は、個別箇所で異なっていて、これらの条件の変化を把握することが難しいからです。  よって、平常時から土砂災害に対する知識を高めることや、日頃より自治会や町内会等の活動においてコミュニティーとしてのつながりを深めること、そして「自らの地域は自らで守る」という意識を持つことが重要です。

この件に関する問合せ

防災対策室(電話:022-357-7437)