ページの先頭です。コンテンツへ進む
うみ・ひと・まち 七ヶ浜
お問い合わせ
町で実施している各種業務の説明や、Q&A、様々な取り組みなどを紹介します。

七ヶ浜町のゴミの出し方について

 「地球温暖化」「ダイオキシン」「最終処分場の確保」「ごみの不法投棄・ポイ捨て」「町の財政を圧迫する処理費用」など、ごみは様々な問題の原因になっています。家庭ではごみの減量化・リサイクルの推進、地域では美化清掃活動・集積所の管理・違反ごみ防止のための巡回パトロールなど、自分たちでできることは自分たちで行なうようにしましょう。

3Rでゴミ減らし

 「3R」とは、限りある資源を有効に使う資源循環型社会の構築のための3つの言葉を英訳すると、3つとも「R」が頭文字となることから、ゴミを減らし・地球にやさしいライフスタイルのキーワードととして注目されている言葉です。皆さんも、これまでの大量生産・大量消費・大量廃棄の使い捨てのライフスタイルから、ゴミを出さない・地球にやさしい資源循環型のライフスタイルに切り替えましょう。

Reduse(リデュース)

できるだけごみを出さない(発生抑制)

Reuse(リユース)

くり返し使う(再利用)

Recycle(リサイクル)

再生資源にする(再生利用)

▲ページトップ

簡単、今日からできる地球にやさしいライフスタイル

マイバック持参イメージ

買い物には、マイバックなどをもって行き、レジ袋をもらわないようにしましょう。

詰め換え商品イメージ

詰換えができる商品を選び、使い捨てのものは買わないようにしましょう。

リサイクルショップイメージ

いらなくなったものは、リサイクルショップや、フリーマーケットなどを利用しましょう。

トレー回収イメージ

トレーなどは、店頭回収協力店に返しましょう。

生ごみ処理容器イメージ

生ゴミは、処理容器などを利用し、堆肥として有効利用しましょう。

資源回収活動イメージ

地域の資源回収活動に協力しましょう。

▲ページトップ

町のゴミ対策事業

町では、ゴミの減量化・リサイクルの推進のため様々な事業を実施しています。

  • 生ゴミ処理容器購入への補助(1基当り3,000円を上限に2基まで補助)
  • 家庭用電気式生ゴミ処理機購入への補助(1基当り25,000円を上限に補助)
  • EMボカシの販売及び作り方講習会の実施
  • リサイクル探検ツアーの実施(小学生・各種団体を対象)
  • 資源回収団体への補助(回収量1キログラム当り1円を補助)
  • 環境出前セミナーの実施(5人以上のグループで申込み願います。)
  • 広報等による啓発活動

▲ページトップ

ゴミの収集曜日

  • ゴミは収集曜日の早朝から8時30分まで決められた集積所に出しましょう。
  • 収集曜日は、祝日・休日及び年末年始を除きます。

湊浜・松ヶ浜・菖蒲田浜・汐見台1丁目から汐見台5丁目

湊浜・松ヶ浜・菖蒲田浜・汐見台1丁目から汐見台5丁目
収集区分 収集日
1.資源物
第2・4水曜日
2.ペットボトル
第3・5水曜日
3.もやせるゴミ
毎週月曜日・木曜日
4.プラスチック製容器包装
毎週土曜日
5.もやせないゴミ、有害ゴミ
第1水曜日
6.粗大ごみ
第1月曜日

花渕浜・吉田浜・代ヶ崎浜・火力・汐見台6丁目・汐見台南1丁目、汐見台南2丁目

花渕浜・吉田浜・代ヶ崎浜・火力・汐見台6丁目・汐見台南1丁目、汐見台南2丁目
収集区分 収集日
1.資源物
第2・4木曜日
2.ペットボトル
第3・5木曜日
3.もやせるゴミ
毎週火曜日・金曜日
4.プラスチック製容器包装
毎週月曜日
5.もやせないゴミ、有害ゴミ
第1木曜日
6.粗大ごみ
第1・2月曜日(色別カレンダー参照)

東宮浜・要害・境山・遠山・亦楽・御林

東宮浜・要害・境山・遠山・亦楽・御林
収集区分 収集日
1.資源物
第2・4金曜日
2.ペットボトル
第3・5金曜日
3.もやせるゴミ
毎週水曜日・土曜日
4.プラスチック製容器包装
毎週火曜日
5.もやせないゴミ、有害ゴミ
第1金曜日
6.粗大ごみ
第3月曜日

(注1)詳細につきましては、環境生活課までお問い合わせ下さい。

▲ページトップ

ゴミの分け方・出し方

ごみの詳細な分別方法については、ごみ分別パンフレットPDF版をご覧下さい。

1.資源物

資源物ごみイメージ

主なもの

カン類
  • ジュース缶、スプレー缶などです。集積所の青色の専用ボックスに出しましょう。
ビン類
  • 一升ビン・ビールビンなどです。集積所の水色の専用ボックスに出しましょう。
その他
  • ビン・ガラス類です。集積所のオレンジ色の専用ボックスに出しましょう。
紙パック、新聞・雑誌、紙製パック、段ボール

注意点

  • スプレー缶は使い切り、穴を開けましょう。
  • ビンはふたを外しましょう。
  • 紙類は種類ごとに麻紐で縛りましょう。
  • 汚れているとリサイクルできませんので、汚れは取りましょう。

▲ページトップ

2.ペットボトル

ペットボトルごみイメージ

主なもの

  • 飲料・酒・しょうゆのペットボトル

注意点

  • ふたと外側のラベルを外して水で濯いで、つぶしてから集積所の専用ネットへ出しましょう。

▲ページトップ

3.もやせるゴミ

燃やせるごみイメージ

主なもの

  • 生ゴミ、衣類、紙くず、剪定枝、くつ、ぬいぐるみ、プラスチック製容器包装以外のプラスチック製品(テープ類・ストロー・バケツ・ペン・プランター・うちわ)

注意点

  • 生ゴミは水切りしてから出しましょう。
  • 選定枝は50cm程度にし、紐で縛り1度に4つ程度ずつ出しましょう。

▲ページトップ

4.プラスチック製容器包装

プラスチック製容器包装ごみイメージ

プラスチック製容器包装とは

 商品を使う(食べる)などした後に、不要になるプラスチック製の容器(入れ物)や包装(包み)のことをいいます。
 ただし、プラスチック製のものであっても、おもちゃ、ビデオテープ・CD類、ボールペン・定規などの文具、ビニールサンダル、歯ブラシなどといった容器・包装以外や、洗面器、タッパー類、ポリ袋のように形は容器でも、それ自体が商品であるものは、燃やせるゴミとして出してください。

分け方の手順

  1. プラスチック製容器包装マークの表示を必ず確認する。
     プラスチック製容器包装マークマークの表記があるものはプラスチック製容器包装です。
  2. プラスチック製容器包装マークの表示がないプラスチック製品を判別する。
     プラスチック製でプラスチック製容器包装マークマークがないものでも商品を使う(食べる)などした後に不要になるプラスチック製の容器(入れ物)や包装(包み)はプラスチック製容器包装に該当します。
  3. 中身を使いきり、汚れを落としてから出す。
     食品の容器や袋などは中身を使いきり、汚れや食べ残しがないことを確認し、汚れを落としてから出してください。

その他

  • 二重袋では出さない。
     回収したプラスチック製容器包装は、リサイクル施設内で異物混入などの確認のため職員が手作業で確認しております。その際、レジ袋等の中に物が入ったままですと、袋を切り開かなければならなくなりますので、二重袋では出さないでください。

プラスチック製容器包装マークのマークがない場合の判別

  1. カップラーメンなど
     商品が外のフィルム、カップ、スープ小袋、かやくの小袋など、複数ある場合でもカップなどの一部に全部の記載がされて、フィルムやスープ小袋自体にはプラスチック製容器包装マークマークがない場合、商品を使う(食べる)際に不要になるプラスチック製の容器(入れ物)や包装(包み)ですので、プラスチック製容器包装に該当します。
  2. 個人商店や事業所(肉屋・魚屋・八百屋)
      個人商店などで包装し販売する場合、鮮魚や野菜など、水分漏れや汚れ移りを防ぐため、ビニール袋に入れてあるが、その袋にプラスチック製容器包装マークマークがない場合、商品を使う(食べる)際に不要になるプラスチック製の容器(入れ物)や包装(包み)ですので、プラスチック製容器包装に該当します。
  3. 電化製品など
      ダンボールなどに梱包されていて、中に製品、付属品、説明書など、それぞれがプラスチック製の袋に入っていてその袋にプラスチック製容器包装マークマークがない場合、商品を使う(食べる)際に不要になるプラスチック製の容器(入れ物)や包装(包み)ですので、プラスチック製容器包装に該当します。

汚れについて

  • チューブ類、マヨネーズ、ケチャップなどは使い切って汚れを落としてから出す。
  • プラでも洗っても汚れがとれない場合は燃やせるゴミです。
    例)レトルトのハンバーグやカレー味のカップラーメン、キムチの入った容器など。
  • 発泡スチロールは、真っ白な状態でないとリサイクルできません。土などがついて落ちない場合は、細かくして燃やせるゴミへだしてください。

分別収集された資源はどうなっているのでしょう

  • びん、ペットボトル、プラスチック製容器包装のリサイクル状況については、こちらをご覧ください。
    財団法人 日本容器包装リサイクル協会「わたしのまちのリサイクル〜分けた資源はどうなるの?〜」
    財団法人 日本容器包装リサイクル協会「わたしのまちのリサイクル〜分けた資源はどうなるの?〜」

▲ページトップ

5.もやせないゴミ、有害ゴミ

燃やせないごみイメージ


有害ごみイメージ

主なもの

  • せともの・刃物・小型家電製品・なべ・やかん・かさ・アルミホイル・ハンガー・鏡・蛍光灯・電池類・コード類

注意点

  • 刃物、ガラスの破片は紙等に包んで、収集作業で危険のないように出してください。

携帯電話のリサイクルにご協力を

 携帯電話等に含まれる金、銀、パラジウム等の金属は産業用の貴重な資源として再利用されます。不要となった端末本体や充電器、電池パックはお近くの携帯電話ショップ等にお持ちください。

▲ページトップ

6.粗大ゴミ

粗大ごみイメージ

主なもの

  • テーブル・タンス・ストーブ・電子レンジ・ふとん・扇風機・自転車、49シーシー以下のバイク(バッテリー・ガソリンを除く)

注意点

  • 各地区の粗大ごみ専用集積所に決められた日時に出しましょう。

▲ページトップ

集積所に出せないゴミ

粗大ごみイメージ

引越や片付けなどで出る多量のゴミや臨時ゴミ

 集積所に出せるごみに限り、処理施設へ持ち込めます。持込めないごみは町の許可業者に依頼して処理してください。

町の処理施設で処理できないごみ(処理業者に依頼して処理してください。)

 バッテリー、ガンボンベ、塗料カン、タイヤ、消火器、ドラム缶・スプリングマット、50シーシー以上のバイク、漁業用資材(漁網・のりす・漁具等)・農機具

バイクのリサイクルについてのお問い合わせ先

財団法人 自動車リサイクル促進センター
http://www.jarc.or.jp/motorcycle/

家電リサイクル法対象機器

 エアコン、テレビ、冷蔵・冷凍庫、洗濯機、衣類乾燥機は家電リサイクル法によりリサイクルすることが義務づけられています。処分するにはリサイクル料金がかかります(料金はメーカーによって異なります。

  • 購入した販売店または、新しく購入する販売店に引き取りを依頼してください。
  • 購入した販売店がわからない場合は、町の許可業者に依頼してください。
  • 自分で指定引取場所に持ち込む場合は、郵便局で家電リサイクル券を購入し、処分する機器に貼付して指定引取場所に搬入してください。

財団法人 家電製品協会(家電リサイクル券センター)
電話番号 0120-319640
http://www.rkc.aeha.or.jp

家庭用パソコン

 資源有効利用促進法により、家庭用パソコンのメーカー等に回収及び再資源化が義務づけられています。

  • 不要になった場合は、メーカーに問い合わせてください。
  • メーカー不明の場合の問い合わせ先

有限責任中間法人パソコン3R推進センター
電話番号 03-5282-7685
http://www.pc3r.jp/

事業系一般廃棄物

会社、事務所、商店などから出たゴミ

▲ページトップ

町の許可業者

集積所に出せないゴミなどはこちらに依頼して処理してください。

  • 有限会社 伊丹清掃(電話:357-2407)
  • 有限会社 七ヶ浜衛生工業(電話:363-1959)

▲ページトップ

町のゴミ処理施設

  • 施設名:宮城東部衛生処理組合ごみ処理施設
  • 所在地:宮城郡利府町加瀬字新船岡5
  • 電話:368-6017

 引越し等による多量の家庭ゴミや事業系ゴミを持込む場合は、町で発行する搬入許可証と一般廃棄物処分券が必要です。事前に町環境生活課へご連絡願います。

▲ページトップ

この件に関するお問い合わせ

環境生活課(電話:357-7454)

コンテンツは以上。この先はローカルナビゲーションメニューです