ページの先頭です。コンテンツへ進む
うみ・ひと・まち 七ヶ浜
お知らせ
各種お知らせや募集、行事等を紹介します。町からの最新情報を知りたい場合はこちらをご利用下さい。

小児用肺炎球菌ワクチンの切り替えについて

 平成25年11月1日から、小児用肺炎球菌ワクチンが7価ワクチンから13価ワクチンに一斉に切り替わり、 いままでの7価ワクチンは定期接種として使用出来なくなります。
 これに伴い11月1日以降は、7価のワクチンを既に接種している方で必要回数の接種を終えていない方は、残りの接種を13価ワクチンで接種するようになります。
 新たに切り替わる13価ワクチンは、6種類の成分が追加され、7価ワクチンよりも多くの肺炎球菌に対して予防効果が期待できると考えられています。

小児用肺炎球菌ワクチン

接種対象者

生後2か月から生後60か月に至るまで(5歳の誕生日の前日まで)の方 ※今までと同じです。

接種時期の一部変更について

(1)生後2か月から生後7か月に至るまでに1回目を接種した方
 旧:初回接種終了後60日以上の間隔をおいて後に、追加接種  
 新:初回接種終了後60日以上の間隔をおいた後で生後12か月に至った日以降に追加接種
※2回目及び3回目の接種は、生後12か月に至るまで(1歳の誕生日の前日まで)接種します。

(2)生後7か月から生後12か月に至るまでに1回目を接種した方
 旧:2回目の接種は生後12か月に至るまでに行う      
 新:2回目の接種は生後13か月に至るまでに行う

13価ワクチン導入までの接種について

 ワクチンの接種を遅らせたり、途中で中断してしまうと、十分な予防効果を発揮できずに肺炎球菌感染症を 発症してしまう可能性があります。
 したがって、原則として13価ワクチンの導入を待つ事はおすすめ出来ません。

※下記の2つの条件を両方満たしている方は、予防効果を維持できるとされており、13価ワクチンの導入を 待つ事も選択肢として考えられます。

  1. 平成24年5月1日以降に生まれた方
  2. 生後2か月から生後7か月に至るまでに接種を開始し、7価ワクチンによる3回の初回接種を終了している方

(注意)7価ワクチンを必要回数接種している方で、13価ワクチンの接種を希望される場合は、全額自己負担で接種するようになります。

▲ページトップ

この件に関するお問い合わせ

健康増進課保健指導係(電話:022-357-7448)

コンテンツは以上。この先はローカルナビゲーションメニューです